忍者ブログ

空舞う妖精

文才の無いヒトが書いたダメ文章倉庫です。ちなみに書き途中で放棄されたものが殆ど。連載中は日記サイト。管理人の日記はリンクよりどうぞ。

[25]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分は、何のために戦うのだろう・・・?

メリダ島が襲撃されて、<ミスリル>も組織として機能できなくなってしまった・・・。





と、表では言われている。



でも、裏の中の表の話なのだが。




<ミスリル>の残党、西太平洋戦隊<トゥアハー・デ・ダナン>の艦長、テレサ・テスタロッサ大佐は艦長室で1人、悩んでいた。




<アマルガム>に基地を乗っ取られ、沢山の部下が自分のために死んでいった・・・。




自分が無能であったから、自分がもっと強ければ、もっと沢山の命を救えただろう、と。




基地から出来るだけ沢山の人員を乗せてこの<トゥアハー・デ・ダナン>はいま、航行しているわけだが、



これから、沢山の問題が生じてくるはずだ。



弾薬、食料、はてやこの艦の動力<パラディウム・リアクター>の不足など、など・・・・。



布団に包まって、うつろに開かれた銀色の、テッサの瞳から涙がこぼれる。



もう、こんな戦争は二度としたくない、もう誰も死なせたくない・・・。








<艦長、補給場所のポイントが入力されています>




「え?」



テッサはこの艦のAI<ダーナ>に聞き返す。



「本当ですか?誰が入力したのです?」




<肯定です。入力者は、ミスリル作戦部トゥアハー・デ・ダナン所属、A・カリーニン少佐です>




A・カリーニン――



基地で、自分を逃がそうとし、逃げ遅れた副官の1人だ。




「・・・どこなの?ダーナ」



「ポイントH48です」



自然とテッサの瞳から喜びの涙がこぼれた。







その時、あるひとつの思いがともった。







死んだ、部下の敵を討つ為に、兄、<アマルガム>を討とうと、その時誓った。






だから、負けない。



この七つの海を支配するこの潜水艦があれば、きっと勝てる。







そう、思えた。






END
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

3話「裏社会←仮タイトル」 HOME ゼロと黒 01「それは突然、これは運命の出会い?」


カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[03/01 林檎]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ヒカリさん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

カウンター

カウンター


忍者ブログ [PR]
template by repe