忍者ブログ

空舞う妖精

文才の無いヒトが書いたダメ文章倉庫です。ちなみに書き途中で放棄されたものが殆ど。連載中は日記サイト。管理人の日記はリンクよりどうぞ。

[25]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2話「魔法の世界へ、なの」

つい昨日、なんか狼みたいな変な物体に襲われたの。

絶体絶命の大ピンチ到来っ!?

と、思っていたら、お母さんから貰った白い鎖のかかった本が、何か喋りだしちゃったの。

<封印を解除してください、主。今がその時でしょう>って。

そしてその本、”騎士王の書”と、その管制人格、”パラティヌス”の力を使って敵を打ち破ったんだけど・・・。

魔法少女リリカルなのはナイト、始まります。


第2話「魔法の世界へ、なの」


「いくつかあるの?」

<はい>

「説明して?」

<了解、主。
  まず一つ目は、先に使用した、”ソードフォーム”。
  接近戦に特化したデバイス、”クロスナイト”を主装備とします。
  二つ目、魔法戦に特化、特に広域魔法に特化したデバイス”シュピゲルトゲール”を主装備とする”メイジフォーム”。
  三つ目は、砲撃戦に特化した”ランチャーフォーム”、使用デバイスは”ケルベロス”です。
  四つ目は、情報戦に優れた”インターフォーム”、デバイスは”ディレクトリ”です。
  後は、主の活躍次第で増えていきます>

「私の活躍?」

私、藤原零奈。

海鳴市の小学三年生。

の、筈なんだけど、つい昨日、”魔法少女”みたいなのになってしまったの。

お母さんが前にくれた金色の十字架の装飾がある白い本――パラティヌスは<はい>と答える。

<貴方が独自のアイデアで新たな魔法を作ることが可能です、もちろん、デバイスも。
  そういった情報は、まだ必要ないでしょうけど>

パラティヌスはこの白い本、”騎士王の書”の管制人格、人工知能”AI”で、時空管理局とかって言う組織では”ロストロギア”と呼ばれているそうだ。

今のところ、パラティヌスはとても冷静で、頼りに出来ると思う。

「そっか・・・。ねぇ?」

<イエス・マスター?>

「私が造ったデバイスやその魔法は次の主へ行くの?」

<はい、だって最初は”ソードフォーム”だけでしたから>

「うん十人も主になったのに、数種しか増えてないんだ」

<それはですね、何と言いましょうか、まだ主の頭に入らないと思うのですが・・・。
  まぁ、いずれ必要になる知識ですから説明しておきましょう。
  ソードフォームの次に出来た”メイジフォーム”は、たまたまその主がデバイス”シュピゲルトゲール”をつくり、私に組み込みました。
  ですけど、まだ使える魔法は殆どありません。
  というわけで、その次の代の方々が、だんだんと、使用できる魔法を増やしていったんです。
  私はその方々に育てられてきたんです>

「へぇ」

<まぁ、ああ、後、この書の役割は二つあります>

「何?」

<1つは、同系統の書、”夜天の書”の護衛です。
  もう1つは、代が変わるにつれて世界を移動し、その世界の強い騎士や、使い魔などを記録していく事です。
  その気になれば、主もその騎士たちを召喚できるようになります>

「へぇ、じゃあねえ、夜天の書って?」

<夜天の書は私とともに世界を移動し、その世界の魔法を記録していく役目を担っています。
  夜天の書に入れられた魔法は、夜天の主ならば、使用可能になります。
  あと、私、騎士王の書以外にも数種、一緒に渡った書があるんですけど、データが消去されていて、すみません>

パラティヌスは申し訳なさそうに、言う。

「そっか、ってことは、騎士王の書にない知識は、たとえパラティヌスが知っていた知識でも、データになければ、”忘れた”って扱いになるの?」

<そうでしょう、恐らく。
  私、失礼ながらまだ全てを把握できているわけではありません。
  何処かの世界で改編されて、とても危険な力を持っている可能性もありますし。
  ”前世”の私が知っていた知識でも、騎士王の書にサルベージされた時に、消去された可能性があります>

「前世?」

<失礼しました、忘れてください。
  とにかく、主は魔法の訓練を重ねていく必要があるでしょう、私を持っている限り>

パラティヌスは<広域地形レーダー、”グランドマップ・サーチ・モード”起動、訓練に適した地形を捜索中>と言う。

「今から?」

<はい。遅かれ早かれ”時空管理局”がこの世界にやってくるでしょうから>

パラティヌスはその後、<二時の方向距離300に開けた場所があります。移動しましょう>と言う。

「ねぇ、思ったんだけどどうやって持っていけば?」

<サイズダウンします。・・・サイズダウン・レディ?>

「どうやって行使するの?それ」

<私が小さい姿を思い浮かべれば、大丈夫です>

「うん、じゃあ・・・パラティヌス・サイズ・ダウン」

するとパラティヌスは、騎士王の書は、小さくなった。

ペンダントサイズになると、<どうします?とりあえず、ペンダントとして使用できるように穴もつけましたが>とご親切に言ってきた。

「ありがと、ちょっとまって」

そう言うとペンダントと思われるような糸状の物を持ってきて、パラティヌスに通し、首にかけた。

扉を出て、鍵を閉める。

「えっと、位置、もう一回お願い?」

<はい、二時の方向、距離300、すぐそこの丘です>

「ありがと、パラティヌス」

階段を下りて、ゆっくり道を歩き、目的の丘へついた。

が、先客がいた。

「なのはちゃん?」

「零奈ちゃんだ、おはよう」

高町なのは。

同じクラスの子。

すると、パラティヌスは低い声で言った。

<気をつけてください、主。その方は魔導師です>

「えっ!?」

驚きのためか、大きな声で怒鳴っている。

「う、うそ、ばれてる、というかあのパラティヌスとかってのデバイスなの?レイジングハート」

なのはもビックリして赤い宝石に向かって言っている

<The linker core was detected.
And, it seems that that book is rosutorogia. >

「え、ペンダントが喋った、しかも英語ッ!」

零奈は驚いてびくびくしている。

<レイジングハート、私と主は”ジュエルシード”の回収に手を出すつもりはありません。
  ですが、”夜天の書”に手を出すのなら私は容赦しません。おわかりで?>

<Of course, it understands.
I agree to the thing that "King knight book" doesn't cooperate chiefly.
"Book of the night heaven" is made a thing according to the main intention. >

―もちろん、分かっています。
”騎士王の書”が主に協力してくれない事も、承知しています。
”夜天の書”に関しては、主の意思に従う事にします。―

<覚悟は出来ているようで。
  今ココで、打ち合ってもいいことはありませんし。
  貴方の主は先日魔法に触れたばかり、私の主なんか昨日ですから>

どうやら、敵対しているようである。

レイジングハートについては、英語なので良くわからないけど、とにかくそれだけは分かる。

なのはも同じだった

私と零奈ちゃんのデバイス、”レイジングハート”と、”パラティヌス”は敵対しているのだと。

「え、えと、ねぇ?パラティヌス」

<イエス・マスター?>

「こう見えても私となのはちゃん、友達なんだよ?敵対しろって言ってるんでしょ?
 レイジングハートも、パラティヌスも。私はそんなの、嫌だから」

零奈はキッパリと言い放つ。

<ですけれど、私達の目的――>

「なのはちゃんが、この世界の中でも強い人だったら?
 強い人を記録するのが、騎士王の書、”パラティヌス”の役目でしょ?
 レイジングハートは、スクライア一族に発掘されて、なのはちゃんのところに来て・・・。
 それまで何万年生きてるの?
 何万年も生きてるなら分かるでしょ?
 人の友情はたとえ、指名でも、ね?心から敵対なんて出来ない」

「零奈、ちゃん・・・。
 ・・・うん、そうだよ!レイジングハート!
 パラティヌスも、そうだよ?
 仲良くしよう?遠まわしだけど、そう言っているんだよ?」

<<主・・・>>

レイジングハートは英語だが、レイジングハートとパラティヌスは2人を、”主”と呼んだ。

「反省できた?パラティヌス?」

<もちろんです>

「レイジングハート、零奈ちゃんは敵じゃないよ?わかった?」

<Jesus and my main ?>

―イエス・我が主?―

「そっか、じゃあ、なのはちゃん」

「うん」

パラティヌスを取って言った。

「パラティヌス」

<イエス・マスター?>

「シュピゲルトゲール、セットアップ!」

<アイ・サー、”騎士王の書”起動、メイジフォーム、展開、アームドデバイス”シュピゲルトゲール”を起動します...>

銀色光。

なのはは黙ってそれを見た。

そこに現れた、魔導師、零奈を。

全体的に白で銀色の装飾があり、ドレスでマントを羽織っている。

杖は、同じく銀色で、杖の先に装飾があり、装飾の真ん中にデバイスコアがあるようだ。

パラティヌスは、というと、前回と同じく左手に。

長い黒髪はポニーテールになっている。

「わぁ、すごい、凄いね、いきなり起動できるなんて!」

なのはは感激していた。

「じゃあ、私も。いい?ユーノ君?」

「凄いね!なのはも、零奈さんも」

「え、喋った、フェレット喋った!その子もデバイス?」

「違うよ!」と、フェレットの姿をした動物が言う。

「じゃあ、レイジングハート!」

<Setup>

桜色の光が辺りを包む。

そして、白いバリアジャケット姿のなのはが現れた。

「すごいね、なのはちゃんも」

「え~、零奈ちゃんのほうが強そうだよ、ねえ、じゃあ、一緒に訓練しよ?」




時空管理局所属時空航行船”アースラ”。

「騎士王の書?」

「ああ」

クロノ・ハラオウン執務官はモニターに目を走らせながら言った。

「闇の書とともに流れている書だ。騎士王の書がその世界にあるなら、恐らく闇の書や”騎士杖の書”などがその世界にあるはずだ」

「ふ~ん」

クロノの部下、エイミィは興味無さげに言う。

「それで、どうするの?多分、ロストロギアの危険性をあの子達は知らないかもよ?クロノ君」

「そうだな、・・・」




「ねぇ、パラティヌス?」

<何でしょう?>

「魔法は、”前世”のパラティヌスはどう思ってた?」

<・・・そう、ですね・・・。
  ただ、仲間との誓いを果たすための、力、ですかね>

悲しげに、パラティヌスは言った。

「そっか・・・じゃあ、魔法の世界って、どんな世界かな・・・」

<・・・わかりません。
 ・・・・・・・さっきから思ってたんですけど、何か悩み事でも?>

夜風に当たりながら「そうかも」と、自嘲気味に零奈は言った。




魔法の世界は、広い。

自分はもう魔法の世界に入ってしまったのだから。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

IFメタル・パニック! 01「ホーリー・ナイト」 HOME 1話「それは始まりなの」


カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[03/01 林檎]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ヒカリさん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

カウンター

カウンター


忍者ブログ [PR]
template by repe